PROGRAM COUNCIL

番組審議会

2013/07/23

平成25年度第2回喜多方シティエフエム番組審議委員会

昨日開催された、平成25年度第2回喜多方シティエフエム番組審議委員会の内容を公表いたします。

1、日時 平成25年7月22日(月)
2、場所 FMきたかたライブスペース
3、出席委員    折橋正仁、安部良子、甲斐ゆみ、高橋亜紀、 
          瓜生賢恵、丹治敦子
  欠席委員    石川達明
  会社側出席者  小田切秀介、山中宏行、関和弘毅
4、議事
  1)開会の言葉
  2)喜多方シティエフエム代表挨拶
  3)議長選出
  4)議事 (神25年度第1回番組審議委員会議事録についての報告
       ◆峇鄲進・米沢レインボーホットライン」番組審議
       その他
  5)議長解任
  6)閉会の言葉
5、議事の概要
 喜多方シティエフエムの平成25年度第2回番組審議委員会は、7月22日午後7時から、FMきたかたライブスペースで開かれた。
 喜多方シティエフエム代表の挨拶の後、議長を選出し議事に入り、平成25年度第1回番組審議委員会議事録についての報告と承認、続いて局側から「喜多方・米沢レインボーホットライン」番組について説明し、質疑が行われた。
局側:「お隣米沢市のコミュニティ放送局と電話でつないで、地域の話題やイベント情報を毎週交互にお伝えする番組です。放送曜日と時間は、毎週水曜日の生番組内の11時45分からとなります。」
委員:「隣の県の隣の市の事を知ってそうであまり良く知らないので、番組の趣旨としてはとても良いと思いました。電話でのやり取りで相手の声が低すぎたので、最後にかかった曲とのボリュームの違いが大きかったので音のバランスが良くなればと思いました。」「電話でのやり取りなので違和感があると思っていたが、それほど気になりませんでした。隣の市の情報があると行ってみたい気持ちになるので良い番組だと思いました。パーソナリティは上手なのだがちょっとした間が気になりました。」「直近のイベントの話題を取り上げたことは良かったと思います。たまに間が空くのはパーソナリティさんの癖だと思うが、その辺りが気になった。」「前もって打ち合わせをしているのでしょうか。その辺りのぎこちなさが気になった。番組の趣旨はとても良いので地域の輪を広げるという意味で続けていってほしいと思います。」
局側:「話題について事前の打ち合わせはあるがやり取りについての原稿はありません。また、お互いに生番組の中での電話のやり取りなので、最初の声のボリューム差を調整するのは難しい部分があります。相手が見えない会話の中での微妙な間については、聴きやすくなるようにしていきたいと思います。」
委員:「番組でレトロ横丁を取り上げていただきまして、ありがとうございます。米沢のホタルの話題も初耳でしたので、良かったと思います。パーソナリティも慣れたもので、何も言うことはありません。全体的に良い番組であると思います。」「他の地域との情報の交流を耳にすることができてとても良い番組だと思います。これからもコミュニティFMのネットワークで連携を広げていってください。」
などの質疑・応答があった。
次回の番組審議委員会は9月に開かれる予定。

トップへ