PROGRAM COUNCIL

番組審議会

2016/05/24

平成28年度第1回喜多方シティエフエム番組審議委員会

平成28年度第1回喜多方シティエフエム番組審議委員会の内容を公表いたします。

1、日時 平成28年5月23日(月)
2、場所 FMきたかたライブスペース
3、出席委員    折橋正仁、石川達明、瓜生賢恵、佐藤崇、甲斐ゆみ 
  会社側出席者  小田切秀介、山中宏行、関和弘毅
  欠席委員    高橋亜紀
4、議事
  1)開会の言葉
  2)喜多方シティエフエム代表挨拶
  3)議長選出
  4)議事 (神27年度第6回番組審議委員会議事録についての報告
       ◆JCのPOSITIVE CHANGE!!」
       その他
  5)議長解任
  6)閉会の言葉
5、議事の概要
 喜多方シティエフエムの平成28年度第1回番組審議委員会は、5月23日午後7時から、FMきたかたライブスペースで開かれた。
 喜多方シティエフエム代表の挨拶の後、議長を選出し議事に入り、平成27年度第6回番組審議委員会議事録についての報告と承認、続いて局側から番組「JCのPOSITIVE CHANGE!!」について説明し、質疑が行われた。
局側:「毎週月曜日19時から放送の30分番組です。会津喜多方青年会議所のメンバーによる活動内容の紹介や会員個々の紹介など5月放送分の内容をお渡しいたしました。それでは慎重審議の程よろしくお願いいたします。」
委員:「会津喜多方青年会議所のメンバーによる和やかなトークにより、出演者一人ひとりの人柄や性格がラジオを通して伝わってくるような良い番組でした。また、番組名のとおりポジティブな発言が随所にきかれ、メンバーの志の高さを感じた。青年会議所の普段の活動の様子や成果、今後の活動予定などについてもっと聴いてみたかった。まちづくりや人づくりなどテーマを絞ったトークで今後さらに良い番組になるのではないかと思う。」「出演者の話が上手で、とてもおもしろい番組だと思いました。皆さん仲が良くて喜多方の事を思っているという雰囲気が伝わり、お店の紹介などは行ってみたい!この人に会ってみたい!と思わせるような感じで良かったです。ただ、マイクがこもったような音質で残念でした。」
局側:「こもったような音質は、出演者が何名かいる中の声質のためだと思います。」
委員:「青年会議所の活動の様子やメンバーの人柄など若い方々の考えが伝わり良い番組だと思う。地元ならではの話題もあり聴いていてためになった、今後も続けて行って欲しい番組だと思いました。」「地元の青年会議所メンバーの若さや活力が伝わりとても良い番組だと思いました。地域密着型のコミュニティFMならではの番組なので、このような番組はどんどんやって欲しいと思います。ただ、出演者がすべて一般の方なので的外れにならないようにスタッフが上手くコントロールして欲しいと思う。」
局側:「皆さんからいただいたご意見を活かして、今後もより良い番組制作を目指していきたいと思います。」
などの質疑・応答があった。
次回の番組審議委員会は7月に開かれる予定。

トップへ