PROGRAM COUNCIL

番組審議会

2016/07/21

平成28年度第2回喜多方シティエフエム番組審議委員会

平成28年度第2回喜多方シティエフエム番組審議委員会の内容を公表いたします。

1、日時 平成28年7月19日(火)
2、場所 FMきたかたライブスペース
3、出席委員    折橋正仁、石川達明、瓜生賢恵、佐藤崇、甲斐ゆみ 
  会社側出席者  小田切秀介、山中宏行、関和弘毅
  欠席委員    高橋亜紀
4、議事
  1)開会の言葉
  2)喜多方シティエフエム代表挨拶
  3)議長選出
  4)議事 (神28年度第1回番組審議委員会議事録についての報告
       ◆崕桔解放区日曜版第1部」
       その他
  5)議長解任
  6)閉会の言葉
5、議事の概要
 喜多方シティエフエムの平成28年度第2回番組審議委員会は、7月19日午後7時から、FMきたかたライブスペースで開かれた。
 喜多方シティエフエム代表の挨拶の後、議長を選出し議事に入り、平成28年度第1回番組審議委員会議事録についての報告と承認、続いて局側から番組「週末解放区日曜版第1部」について説明し、質疑が行われた。
局側:「毎週日曜日10時から放送の生放送2時間番組です。週末解放区は土曜日曜の午前と午後に生番組で放送しています。週末の情報番組なので観光イベント情報を中心に休日当番医や翌週の情報など身近な話題を取り上げています。それでは慎重審議の程よろしくお願いいたします。」
委員:「世界的な二胡奏者のチェン・ミンさんをゲストに迎え、二胡の魅力や喜多方とのつながりなど親しみやすい気さくな人柄が伝わり聴き応えのある良い番組でした。二胡の生演奏では、二胡の音色が異国情緒がありながら、日本人にもどこか懐かしさを感じさせるやさしい響きがあると思いました。二胡の魅力を問われたチェン・ミンさんの『その会場、その空気、その時にしかない音を大切にしている』という言葉がとても印象的でした。」「パーソナリティのハキハキとした語り口調は大変交換が持てました。以前は笑いながら話すのが気になりましたが改善されていて良かったと思います。ただ生演奏の音の響き方が気になりました。」
局側:「生放送中の生演奏のためなかなかベストのセッティングをするのは難しいところがあります。」
委員:「パーソナリティの声質がとても聴きやすくて良かったと思います。メインの内容が二胡奏者のチェン・ミンさんのインタビューでしたが、人柄も良く理解できた内容で全体的に良い番組だと感じました。」「番組はとても良かったです。二胡のコンサートに行きたくなりました。」「情報番組としてまとまっていて良いと思います。通常はパーソナリティが一人で話しているが、今回のようにゲストとの掛け合いがあるとさらに良い番組になると思います。ただ生演奏終了後のパーソナリティの感想コメントの『心あたたまる』が気になった。」
局側:「皆さんからいただいたご意見を活かして、今後もより良い番組制作を目指していきたいと思います。」
などの質疑・応答があった。
次回の番組審議委員会は9月に開かれる予定。

トップへ