PROGRAM COUNCIL

番組審議会

2020/06/22

令和2年度 第1回喜多方シティエフエム番組審議委員会

令和2年度第1回喜多方シティエフエム番組審議委員会の内容を公表いたします。

1、日時 令和2年6月19日(金)
2、場所 FMきたかたライブスペース
3、出席委員    瓜生賢恵、猪俣勝広、松崎健太郎
  欠席委員    田代衛、村井法子
  会社側出席者  小田切秀介、関和弘毅、竹田浩介
4、議事
  1)開会の言葉
  2)喜多方シティエフエム代表挨拶
  3)議長選出
  4)議事 [疣存鞠度第4回番組審議委員会議事録についての報告
       ◆屬△覆燭粒垢痢⊂さな美術館」番組審議
       その他
  5)議長解任
  6)閉会の言葉
5、議事の概要
 喜多方シティエフエムの令和2年度第1回番組審議委員会は、6月19日午後7時00分から、FMきたかたライブスペースで開かれた。
 喜多方シティエフエム代表の挨拶の後、議長を選出し議事に入り、令和元年第4回番組審議委員会議事録についての報告と承認、続いて局側から番組「あなたの街の、小さな美術館」について説明し、質疑が行われた。
局側:「あなたの街の、小さな美術館」喜多方市美術館から市民の皆様へ企画展のお知らせを始め、アートに関する色々な話題をお届けいたします。また、スタジオにスタッフの皆さまをお迎えして、直接お話を伺います。直近の2回分を収録いたしました。CDを聴いていただき、慎重審議の程よろしくお願いいたします。」
委員:「美術館の話題は大変勉強になりました。学芸員の方ならではのトーク内容で良かったと思います。五十嵐館長は少し緊張気味でしたが、人柄の良さが感じられました。『文化の香る街喜多方』に相応しい番組だと思います。」「学芸員の方々の図録に対する思い入れ・工夫・写真の色へのこだわり等、とても興味深い内容でした。また、学芸員さんの努力の結晶が凝縮された図録を見る楽しみ方の参考もなりました。学芸員の目線で喜多方を捉えており、地元の自分としては再認識させられた内容でした。新人としての希望が感じられ、今後の企画展など期待が持てる内容が伝わってきました。」「やはり事前に情報を仕入れてから実際に美術館に行けるといいので、いい番組だと思います。折角なので、学生にも事前情報でラジオを聞かせてから実際に現場に行かせるのも面白いかなと思いました。小学校、中学校、高校とそれぞれ反応も違うと思うので授業等でラジオを取り入れてもらえたら有り難い。」
局側:「審議委員の皆さんからのご意見を参考にして、これからもより良い番組制作に努めて参りたいと思います。」
などの質疑・応答があった。
次回の番組審議委員会は9月に開かれる予定。

トップへ